帰宅ルートを見直そう! 遠回りでも人通りを重視する

帰宅ルートを見直そう!遠回りでも人通りを重視する

帰宅ルートには、
最短距離を選ぶことがほとんどですよね。

1分でも早く家に着きたい。慣れた道なら安心ですからね。

しかし、駅から離れるごとに、人通りは少なくなってしまいます。

閑静な住宅街、とすれば聞こえがいいでしょう。
ところが、閑静な住宅街には防犯カメラが設置されている場所が少ない。

何かあったとき、有力な証拠になるのが、
防犯カメラの映像となっているのをご存じですか?

時間帯が遅くなると、人通りがどんどん引いていきます。
ひったくりや性犯罪に遭ったとしても、証言してくれる人がいない。

こう考えると、とても心細く感じませんか? 

1分帰宅が遅くなっても、
人がなるべくいる場所を選んで帰宅しましょう。

帰宅時間がいつも決まっているなら、
毎日見かける人もいるはずです。

帰宅時間がいつも決まっているなら、 毎日見かける人もいるはずです。

そうした「顔見知り」の人がいるのは、
非常時の安心感につながります。

急がば回れという言葉があるように、帰宅ルートも同じです。

急ぐより、安全が一番大事です。

防犯意識は、日々の中でどんどん忘れ去られていきます。

当たり前のように、昨日と同じ今日が来る。
みなさん、そう思っていますよね。

いや、むしろ意識して生きている人はほとんどいない。

事件や事故に遭った人は、
本当に普通の毎日を送る人ばかりです。

巻き込まれないためには、帰宅ルートを見直してみてください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事