護身術の本当の意味とは? 意外と知られていないこと

護身術の本当の意味とは?意外と知られていないこと

護身術と聞いて、あなたはどんなイメージを持っていますか?

犯罪者を退治するものと捉えている方も多いのですが、実は違います。

近年、武道を健康や美容の1つとして習う方が増えていますが、
護身術は武道とも違うものです。

空手や合気道がベースとなっていますが、
基本は力の弱い人がいかに自分を防衛し、
危険を回避するかというところに軸を置いて指導がなされます。

決して、犯罪者を傷つける行為ではないのです。

護身術の意味を履き違えていると、
過剰防衛になってしまい、書類送検されてしまうケースもあります。

ですから、自分の体と命を守るために、
逃げる術を学ぶものと考えておいてください。

護身のためならなんでもしていいということではないのですね。

《護身術ではどんなことを習うのか?》

護身術で指導される項目をまとめてみました。

💡 危険から身を遠ざける方法
💡 自分の体を利用した力のいらない逃れ方
💡 さまざまな襲われ方を想定した回避策
💡 犯罪者のターゲットにならないためのコツ

こうしたことを基礎に、
初心者でもわかりやすく、習得しやすい護身術を教えてもらえます。

 

《武道と護身術はまったく違うもの》

武道をたしなんでいるから自信があると思っている方もいますが、
護身術とはやはり考え方が違いますから、
それを踏まえて学べるものを選ぶといいでしょう。

また、武道を会得するには、何年もの月日が必要なものです。

しかし、護身術は習ったその日から役立てることを教えてもらえ、
日常生活に密着した内容となっています。

怖い思いをしたから力をつけようと武道を習うより、
護身術教室に通ったり、書籍などで手早く身を守る方法を覚えた方がいいということです。

護身については悩むことも多いと思いますが、
選ぶなら護身術に特化した教室や、↓のような講座を受講しましょう。

いずれにしても、いざという時の備えしておきましょう。

 

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事