着信拒否は逆効果? 終わりのないストーカーとの闘い

着信拒否は逆効果?終わりのないストーカーとの闘い

毎日のように、
ニュースや新聞で目にするのが、ストーカーという言葉。

根強く定着し、冗談混じりに使う人もいます。
実際にストーカーに遭った人は、そんな冗談笑えません。

心も体もズタボロにされてしまい、
日常を失うほどの被害を受けるのですから。

安易に冗談で使う人はいけないと思います。

ところで、ストーカーといえば、
電話やメールでの攻撃がすごいと言います。

執拗に、何度でも次第に脅迫めいた言葉まで発する。
被害者にとって、恐怖や悪夢といった現実を目の当たりにするわけです。

今の時代、便利な「着信拒否」機能があるではないか?
そう思う人もいますし、確かに簡単な方法ですよね。
ボタン1つで、その番号からの着信やメール拒否設定もできてしまうのですから。

便利な「着信拒否」機能があるではないか? 

でも、よく考えてください。

ストーキング行為をする人というのは、
何かに取り憑かれたように追い回す人です。

電話に出ないなら、家に押しかける。
メールに反応がなければ待ち伏せする。

手法を変えてやってくるわけです。

そんな相手に、着信拒否が果たして有効なのか?
私は違うと思います。

ストーカー被害に遭っても、事件性がなければ警察は動きません。
しかし、何度も着信があって困っている。

何か危害を加えられるかもしれないと悲痛な思いを伝えてください。

被害届けを出し、巡回連絡先に登録してもらいましょう。

被害届けを出し、 巡回連絡先に登録

その方が、着信拒否よりいい手段です。

あなたに触れた。家に踏み入ろうとした。会社までやってきた。
そうした証拠を集め付近には近寄らないと警告してもらうことも可能です。

自分だけで解決しようとせず、必ず警察の手を借りてください。
場合によっては、弁護士に相談する方法もおすすめです。

ストーカーは、あの手がダメならこの手と、
判断能力が麻痺してくるために起こります。

自分の中で妄想を広げ、
ほんのちょっとした断りも被害妄想に変えてしまう。

常識なんて言葉は、ストーカーには通用しないです。
非常識で無謀で、人との距離感がわからなくなってしまう。

そして、理性を失って、自分でも引くに引けなくなるのです。

そんな相手に真っ向から勝負しようとしたり、
下手に着信拒否という方法を取っても、
あなたが危ない思いをするだけです。

今ストーカー被害に遭って困っている方は、
最寄りの交番や警察署に相談してみてください。

ストーカー対策が遅れ、事件が発生する事例も多いです。
まさか……が起こる前に、第三者による手立てをしておくと安心です。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事

人気の記事

  1. ひったくりの95%が女性・弱いものを狙う悪者に注意

    ひったくり・スリ対策

    ひったくりの95%が女性・弱いものを狙う悪者に注意
  2. 希薄な人間関係が招くメリットとデメリットとは何? 

    女性の一人暮らし

    希薄な人間関係が招くメリットとデメリットとは何?
  3. 夜道のランニングはなるべく避けて・早朝の方が安全

    夜道の一人歩き

    夜道のランニングはなるべく避けて・早朝の方が安全
  4. 盗むだけじゃない・スリが犯行後にやるもう1つ! 

    ひったくり・スリ対策

    盗むだけじゃない・スリが犯行後にやるもう1つ! 
  5. 窓を開けて寝るのは危険・不審者侵入の可能性高い

    女性の一人暮らし

    窓を開けて寝るのは危険・不審者侵入の可能性高い

防犯・護身に役立つアイテム

  1. 窓を開けにくくする防犯錠・簡単にロックできて便利

    窓を開けにくくする防犯錠・簡単にロックできて便利

  2. ぜひやっておきたい空き巣対策・ウインドウフィルム

    ぜひやっておきたい空き巣対策・ウインドウフィルム

  3. ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

    ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある