宅配便は送り主を確認してからドアを開けるが鉄則!

宅配便は送り主を確認してからドアを開けるが鉄則!

「すいません、宅配便です」

思わずドアを開けてしまいますよね。

宅配便の予定があらかじめわかっているなら、
訪ねてきてもおかしくないですよね。

でも、注文した予定がない、
親族から何か届く予定がないといった場合、
ドアをいきなり開けるのは待ってください。

宅配便を装った不審者って、意外と多いんです。

いわゆる押し入りですね。

ドアスコープから覗いても、
キャップで顔を確認できないし、箱を持っているから大丈夫。

いわゆる押し入りですね。

それは過信です。

まず確認してほしいのは、
どこからの荷物か、内容物の記載を読み上げてもらうこと。

運送会社の服装はあまりあてになりません。
周到な準備をする不審者は制服くらい持っています。

ですから、覚えのない荷物であれば、
確かめてからドアを開けること。

送り主が不明なら、むやみにドアを開けない。

居留守を使えばいいじゃないかと思うかもしれません。
しかし、居留守を狙った空き巣被害もあるんです。
宅配便と声をかけ、反応がなかった家を狙う。

悲しいことに、悪いことを考える人はいっぱいいます。

ちょっとした注意をするだけで、
押し入りや空き巣を防ぐことができます。

今から実践してください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事