洗濯物の干し方1つで変わる家の安全性・今すぐ実践

洗濯物の干し方1つで変わる家の安全性・今すぐ実践

女性の一人暮らしでは、
洗濯物の干し方にも注意しなければなりませんよね。

私は一人暮らしを始めた当初、防犯への意識が低く、
洗濯物くらい何でもないと思っていました。

下着泥棒に遭ったこともないし、
近隣に悪い人が出たという話も聞いたことがなかったからです。

しかし、情報化社会になり、さまざまなニュースを見聞きするようになって、
ようやく犯罪は身近なものと認識するようになったのでした。

洗濯物には下着類が入っていますし、
女性の一人暮らしだと女性の服しか干すものがないですよね。
室内干しが嫌だという方も多く、外出中に外に干すということもあるでしょう。

そこで見直してもらいたいのは、洗濯物を干す順序です。

多くの方は洗濯ハンガーラックを使っていると思いますが、
四角という形状を生かしてみてもらいたいのです。

四方を取り囲むようにタオル類など厚手のもの、
内側に行くにつれ、シャツや下着と見えにくくする工夫をしてみてください。

これだけでも、じっと眺めない限り、
何が干してあるのかわからなくすることができます。

結果として、家の安全性が高まるのです。

今すぐ実践できることだと思いますので、
次の洗濯からチャレンジしてみてください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事