外灯をつけるか否か・安全への考えは賛否両論ある

外灯をつけるか否か・安全への考えは賛否両論ある

家の玄関にある外灯。

ある家とない家がありますが、
これをつけておくと鍵を開けるときも明るくていい。
便利だし、明るいというのは安心感がありますよね。

ところが、外灯をつけるか否かは賛否両論あるのです。

というのも、泥棒や不審者対策としては、玄関前は明るい方がベターです。
泥棒が潜むことができず、鍵のピッキングをしにくくなるからです。

明るいと、不審者の顔も判別しやすいため、侵入を阻止できます。

しかし、ストーカー被害に遭っている場合、
外灯がついていると家にいるのかなと思われ、
執拗な居座り行為をされてしまう危険性があります。

私の場合、隣家がオートセンサーで点灯する外灯を設置しているため、
自宅の外灯はつけません。

隣家が明るく照らしてくれているうちに、素早く家に入ります。

外灯は危険か、安全か。
それは、あなたの置かれている立場や状況に応じて、変えてもいいと思います。

人によって、その辺りの判断基準は違っていいです。

また、日によっても違うでしょう。
外灯1つ取っても、こんなにまでさまざまな意見が飛び交う。

家の防犯対策は奥深いものです。たかが外灯、されど外灯。

今まで意識していなかった方も、
外灯の生かし方を今一度考え直してみてください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事