まれに起こる忍び込み・その手口や恐ろしさとは? 

まれに起こる忍び込み・その手口や恐ろしさとは? 

女性の一人暮らしでは、
まれに奇妙な事件に出くわすことがあります。

中でもトラウマになりやすいのは、都市伝説のような事件です。
忍び込みというもので、留守中に侵入し、鍵をきちんと閉める。

家の中で隠れられる場所を探し、家人が帰宅した様子や着替え、
入浴や就寝を見守るという気持ちの悪いものです。

終始息を潜め、まるでそこには誰もいないかのようで、
気づくまでに時間がかかることも多いようです。

忍び込んで居ついてしまうケースもあり、
不法侵入以外の罪に問われる重大な事件です。

自分が気づかないのに、誰かが一緒に住んでいたって怖いですよね。

昔、ベッドの下に隠れていた男がいたという、都市伝説が世の中に流行りました。
今はそれが実際に起こり、被害に遭っている人もいるんです。

食材は冷蔵庫のものや備蓄品をちょっとずつ漁り、
気づかせないようにこっそり暮らします。

きちんと毎日整理整頓して、食品の管理が十分になされている方は、
お勤めしているとなかなか難しいですよね。

都市伝説は嘘ばかりではない。

被害に遭った人がいるから、そういう噂も立つものです。
ばったり出くわした時は、心臓発作を起こしそうなほどの恐怖ですよ。

そのまま刺されてしまう可能性だってあります。
でも、こんな事件も起こり得るんだということを、頭の片隅に置いておいてください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事