窓を開けて寝るのは危険・不審者侵入の可能性高い

窓を開けて寝るのは危険・不審者侵入の可能性高い

暖かい季節になると、
エアコンを使わなくても過ごしやすくなります。

節電を意識して、あえてエアコンを使わずに、
窓を開けたまま眠る人もいるでしょう。

家に人がいれば、不審者は入ってこない。
そう思っている人がほとんどです。

実際は違い、人がいようと窓が開いていれば、
不審者にどうぞお入りくださいと言っているようなもの。

女性の一人暮らしならなおさら、
不審者が就寝中に枕元にいたとして、太刀打ちできますか? 

泥棒は窓や入れる場所を探す。
眠っていたら気づかないと、こっそり侵入して来るんです。

目が合ったら最後、どんなことをされるかわからない。

顔を見られたとやられてしまうかも、
そんな危険性があることを覚えておいてください。

警察も言っていました。
なるべくエアコンで室温を管理し、窓を開けたままにしないこと。

季節がよくなると、人の心に緩みが出ます。
その緩みを付け狙う人がいることも事実です。

物騒な事件に巻き込まれたら終わり。
警戒はどんなにしたって無駄ではない。

無防備は危険しか生まないし、
余計な事件を起こしてしまうもの。

うちは安全な場所にあるから大丈夫、
なんて過信にしか過ぎないのです。

しっかりと注意して下さいね。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事