希薄な人間関係が招くメリットとデメリットとは何? 

希薄な人間関係が招くメリットとデメリットとは何?

一人暮らしは何かと警戒しますし、
他人に自分の家庭事情を知られたくないと、
近隣との関係を断とうとしますよね。

隣の家に誰が住んでいるのか、何をしている人なのか、
どのくらいの期間暮らしているのかなんて、
誰も知らないと思いますし、そういう世の中になってきていると思います。

その希薄な人間関係が招く、弊害とメリットをご紹介します。

まず、メリットから。

自分のプライバシーを知られず、
個人情報の漏洩を防ぐことが第一のメリットです。

面倒な人付き合いもいらず、
通りすがっても会釈程度で終わるでしょう。

人とコミュニケーションを取るのが嫌いな人は、
それでいいと思いますし、毎日気兼ねなく過ごせて楽でしょう。

しかし、メリットがある一方で、もちろん弊害もあります。

人間関係が希薄だからこそ、いざという時に頼れる人がいない。
犯罪者とすれ違っても、気づくことができない。

つまり、自宅のあるマンションやアパートに不審者が侵入し、
犯行後にすれ違っても、怪しい人だと気づけずに見逃してしまうのです。

仮に、それが自分が被害者だったとしても、
あの時すれ違ったのが犯人だったということに気づくまで、
相当な時間がかかるでしょう。

無理に人間関係を作ろうとしなくて構いません。

ですが、挨拶くらいはできる間柄でいることが、
そうした犯罪への気づきになります。

異変に気づけるかどうかで、犯人逮捕も早いものです。

わずかな変化に気づけるのも、
希薄な人間関係を解消することから始まります。

せめて、自分の周りに住んでいる人のことくらいは、
最低限知っておくといいでしょう。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事