泥棒は下見をする! 場当たり犯行は意外と少ない事実

泥棒は下見をする!場当たり犯行は意外と少ない事実

泥棒って、「魔が差した」という言葉を吐くイメージですよね。

目の前に侵入できそうな家がたまたまあって、
つい入り込んで盗んでしまった。

きっと、多くの人が持つイメージだと思います。

実は、ほとんどの人が思う泥棒と現実は、かなりの差があります。
泥棒は必ず下見をします。

侵入口・行動観察・警察が近くにないか・人通り・留守の時間。
こうしたものを把握し、隙を狙って侵入する例がほとんど。

だから、私は大丈夫なんてことはないんです。

下見をして、怪しまれない服装にし、
雰囲気に馴染みながら犯行に及ぶ。意外ですよね。

誰もが狙われる可能性があるということです。
留守の時間なんて、自宅を見張ることはできませんから。

今は、スマホを使って遠隔操作できる、便利なカメラも登場しています。

 

家の異変に気付きやすいメリットがある反面、
頼れる人が近隣にいない限り、すぐに対応できないのがデメリットです。

行動を見張られていると思うと怖いですが、
常に周囲を見渡してから家に入る習慣は、すごく大事です。

わずかな異変にも気付きやすいですし、
普段見かけない人がいたら、すぐ不審者だと分かります。

疑うなんて嫌な感じがしますが、
何かあってからで遅いですし、泥棒は何もかも奪っていきます。

泥棒の心理は理解しておきましょう。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事