日本はスリが多い?平和に見えて意外と危険が潜む

日本はスリが多い?平和に見えて意外と危険が潜む

日本は世界から見るととても平和な国で、
治安維持国家とも呼ばれています。

平気で荷物から離れる人、
電車で無防備に眠る人、
スマホに夢中になって歩く人。

治安の悪い国では考えられないことを、日本では問題なくできる。

平和はとてもありがたいことだけれど、
時に人の警戒心を損ねてしまう恐れがある。

日本は意外にも、スリが多い国だと言われています。

平和ボケという言葉がよく使われるように、
日本人は平穏な暮らしが当たり前になっています。

手元の荷物に目が行き届かず、
「大丈夫だろう」という何の根拠もない安心感を抱き、
あっという間に大切なものを持って行かれてしまう。

危ないなという気持ちを持たないからこそ、スリに遭ったことに気づくのも遅い。
気づいた頃には手遅れ、というのがほとんどです。

これから東京オリンピックも開催される予定で、
いろいろな国の人が出入りします。

もう少し危険を身近に感じ、大切な荷物の管理をしっかりしましょう。

今までよりちょっと気をつけるだけでも十分、
スリはいつもそばにいるという気持ちを忘れず、出先で荷物を放置しないこと。

今日から簡単にできることですので、実践してみてください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事