ながらスマホに潜む危険・気持ちが散漫で被害に遭う

ながらスマホに潜む危険・気持ちが散漫で被害に遭う

ながらスマホは、
さまざまな危険があると警鐘が鳴らされています。

通行人との衝突・信号無視・交通事故など、実に危険です。

ながらスマホをやっている人は、
さほど自分が危険な行為をしているとは感じていないものです。

信号も見ているし、前の様子も確認している。
だけれど、やはり注意力は散漫です。

背後から近づく気配には、気付いていない人が多い。

実際、私が自転車に乗って後方から追い越しをかけると、
ながらスマホの人はとても驚いた顔をします。

決して、速度を上げて追い越しているわけではありません。

いかに後方への注意力が低下しているか、
その姿だけでもわかります。

そこで注意してもらいたいのは、バッグのひったくり。
ながらスマホをしていいと言っているわけではありません。

やはり、やるべきではない。

もし、電話をする必要があるなら、立ち止まってから。
そして、道路側にバッグを持たないこと。

たいていのひったくりは、バイクで襲ってきます。
後方から道路側に持つ手をめがけて。

下手をすれば、大怪我の危険性も高いです。
バッグのもち方一つ、そしてながらスマホをやめる。

これだけでも違いますから、絶対に注意してください。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事