ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

自転車で通勤や通学をしている方は多いですよね。

よほど駅近物件でなければ、自転車は必須アイテムです。
私もそうでした。そして、今もそうです。

自転車はよく利用しています。

ひったくりは、
歩いている人でなくても狙われるって、知っていましたか?

自転車ならある程度スピードも出るし、自分には関係ないよ。
その油断が危険です。

ここからは、私の体験談をご紹介します。

ある夜、いつものように自転車を漕いで帰宅していました。

そこへ、いきなり後方から発進してきた原付バイクがいて、
いとも簡単に私のバッグをカゴから持ち去りました。

勢いつけて追いかけましたが、
原付バイクのスピードには到底追いつきません。

きゃーという奇声を上げて助けを求めましたが、
そんな声はあまり響きません。

実際、住宅街にも関わらず、外へ出てきた人など誰もいませんでした。

祖母にもらったばかりのバッグ。
携帯電話。
財布。
家の鍵。
免許証。

ほかにも、大切なものを全て一瞬で持ち去られました。

寂しさより怖さが先立ち、免許証の住所を見て、
深夜にやってくるのでは? と恐怖におののくばかり。

すぐさま、裏に住む大家さんに相談し、
家の鍵を開けてもらって、鍵交換。

痛かったのは、鍵交換代金。自腹で、25,000円。
財布も持ち去られたのに、さらなる出費は辛かったです。

今は、自転車の鍵に取り付けるひったくり防止のネットもあります。

一定の抑止力になると思います。
私のような経験をする方が、一人でも減りますように。

 

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事