自分の身は自分で守る・性犯罪に遭わないためのコツ

自分の身は自分で守る・性犯罪に遭わないためのコツ

女性は強い。

そんな誤ったイメージを持っている方は、意外と多いです。

確かに、武術を習得している方なら、
男性より勝ることもあるでしょう。

しかし、現実はそう甘くありません。

突如、目の前に不審な男性が現れたら…あなたはすぐに行動できますか?
多分、ほとんどの人が動けません。

性犯罪に遭遇してしまうと、
人はトラウマを抱えて生きていくことになります。

このトラウマから抜け出すためには、
大変な時間を費やし、心は擦り切れてしまう。

ならば、性犯罪に遭わないように意識すればいい。

どうするか?方法は3つです。

・ 不審者がいると常に感じておく
・ 夜間の外出時は露出を控えるか、コートなどを活用して隠す
・ 自分だけは大丈夫と過信しない

この3つを実践してみてください。
気持ちを少し変えるだけで、性犯罪被害対策になります。

特に、自分に限って……と、思い込まないことが大切です。

性犯罪は究極の悪です。

残念ながら、人の性癖ばかりは変えにくい部分です。
ですから、性犯罪は後を絶たない。

いつまでも悪の根源は減らないのなら、
自分が遭遇しないよう十分気をつけることです。

性犯罪被害は一瞬かもしれません。でも、トラウマは一生です。

あなたも被害者にならないよう、
今から意識改革をしていきましょう。

 


関連記事


女性の身を守る!護身・防犯グッズおすすめランキング


おすすめ記事

人気の記事

  1. ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

    ひったくり・スリ対策

    ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある
  2. ストーカー対策に引っ越しは有効?凶悪になる引き金

    ストーカー対策

    ストーカー対策に引っ越しは有効?凶悪になる引き金
  3. なぜ一人歩きは注意が必要なのか? 防犯の意味を問う

    夜道の一人歩き

    なぜ一人歩きは注意が必要なのか? 防犯の意味を問う
  4. ちょっとコンビニ……でも、財布むき出しはやめて! 

    夜道の一人歩き

    ちょっとコンビニまで。でも、財布むき出しはやめて! 
  5. 無防備だから盗まれる・カバンの持ちかたを伝授!

    ひったくり・スリ対策

    無防備だから盗まれる・カバンの持ちかたを伝授!

防犯・護身に役立つアイテム

  1. ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

    ひったくりは一瞬! 自転車に乗っていても危険がある

  2. 室内を見えないようにするコツは? ミラーカーテン

    室内を見えないようにするコツは? ミラーカーテン

  3. 窓の防犯を強化するには?薄型ウインドウアラーム

    窓の防犯を強化するには?薄型ウインドウアラーム